新卒で仕事を辞めたいとき

ホーム ≫ ビジネスに相応しい装いとは?

ビジネスに相応しい装いとは?

最近のオフィスでは、ドレスコードも若干の緩和がなされているようです。金融機関などの一部の業界を除いては、ドレスコードに「ビジネスカジュアル」と定めている企業が多いようです。

さて、この「ビジネスカジュアル」というのがなかなか判断が難しいもので、特に新入社員にとっては、何を着るべきか困ってしまう人もいることでしょう。オフィスに相応しい服装を含めた装いについて考えてみましょう。

まず、カジュアルとは、くだけた格好でよい、という意味ではもちろんありません。

職場にふさわしい、堅苦しくない服装という意味で使われます。では、この「職場にふさわしい」の定義はどのようなものでしょうか。

動きやすい・働きやすい、オフィスにおいて違和感がない、そして、相手に不快感や違和感を与えない装い、といえば、少しずつ具体的なイメージが沸いてくるのではないでしょうか。

男性の場合は、ぐっとイメージがしやすいでしょう。実際に、男性のビジネスカジュアルウェアを見ていると、ノータイのシャツにスラックス、ジャケットというスタイルの人が多く見受けられます。髪型も、明るすぎない短髪の人が多いようです。

難しいのは女性のビジネスカジュアルでしょう。

私が過去にいた職場に、毎日のファションが物議を醸しだす、なかなかツワモノな新入社員がいました。

彼女は、ビジネスカジュアルを普段着と解釈し、職場においても自分の個性を大事にしていました。

そんな彼女のファッションは、ショートパンツにサンダル、明るい茶髪の髪、キーボードを打つ度にカチカチと音がなる長い長い爪。

しかもネイルアートもしっかりと施しであります。夏場はノースリーブ。目のやり場に困ってしまいます。

女性の管理職の方が、何度か彼女に注意をしたそうですが、彼女は「これが自分の個性だ」と譲らなかったようです。

しかも、陰では「私が若くてかわいいからって、みんなが嫉妬している」などと、注意をした管理職の方を貶めるような発言もしていました。

個性はもちろん重要です。個性を殺して、同じ格好をすべきだとは誰も言えないでしょう。

しかし、職場はファションショーではありません。職場にはお客様もみえます。

お客様は、その企業で働いている人間を見て、その企業自体を評価します。

ひとりの社員の装いが、企業イメージ全体をダウンさせることだってあるのです。職場にふさわしい装いをしつつ、自分の個性を大事にする方法もたくさんあります。

例えば、私の友人はピンクが好きなのですが、全身ピンクはさすがに職場ではふさわしくないので、黒いパンツスーツインナーにショッキングピンクのシャツを合わせたり、シンプルな革のバッグにピンクのスカーフを巻いたり、自分なりのオシャレを楽しんでいました。

個性をどう表現するかも、ビジネスパーソンの腕なのです。

新入社員の皆さんが、職場で「ビジネスカジュアル」を求められたら、ぜひ、何が自分にふさわしいのかを考えて、素敵な装いを選んでください。

ページトップへ

Copyright (c) 2016 新卒で仕事を辞めたいとき All rights reserved.